話題のダイエット情報ナビ TOP > ダイエットの基礎知識 >  間違ったダイエット法はキケン②

間違ったダイエット法はキケン②

間違ったダイエットによる健康被害 があるのをご存知でしょうか?

●骨粗鬆症
 骨粗鬆症とは、カルシウムの吸収を促進するマグネシウムの欠乏や、ビタミンDの不足などが  原因で起こります。骨量(骨のカルシウム)は10代~30代に増加しますが、それ以降は現象
 していきます。
 ですから10代・20代の頃に誤ったダイエットでカルシウム摂取が不足すると、骨粗鬆症になる
 危険性があります。

●摂食障害
 脳の視床下部にある食欲中枢は、私たちの食欲をコントロールしています。
 間違ったダイエットにより異常な食習慣が続くと、脳が食欲中枢をコントロールできなくなり
 過食症や拒食症など摂食障害の原因となります。

●婦人科系トラブル
 バランスの悪い食事、過剰なダイエットにより栄養が低下してしまうと、卵巣機能が働かなく
 なり、結果、女性の体をコントロールしている2種類の女性ホルモンの分泌量が低下し、月経
 不順、無月経、無排卵といった婦人科系のトラブルになりやすいのです。
 将来不妊の原因となってしまうこともあります。

2009年11月20日 16:56 |個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

タグ:

ウェブページ

Calendar

2011年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

サイト内検索

お問い合わせ

当サイトに関するお問い合わせは、aaa@@bbb.net よりお願いいたします。
※@は、1つ削除して下さい。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 話題のダイエット情報ナビ. All Rights Reserved.